コツコツドカーンを避ける


FXの手法は色々ある。
でもFX投資に使える金額は人それぞれ、取引できる時間もサラリーマントレーダーなら事実上夜に限られるとか、人それぞれだ。
条件が違うのだから、一概に「この手法なら絶対!」と言い切れるものはない。


でも、投資の極意は生き残ること、というのは間違いない。

コツコツドカーンでロスカット、再挑戦する資産はなし、では目も当てられない。

そんなコツコツドカーンをさけるために、何が重要か。



FXのテクニカル手法は色々あるけど、基本はトレンドフォローか押し目待ち。

トレンドフォローと押し目、どっちがいい?

といわれて答えられるだろうか?

投資本でのお勧めはトレンドフォローが多い。相場の格言に曰く、「トレンドには逆らうな」だ。

しかし、本当にそれを鵜呑みにするとコツコツドカーンにはまりやすい。



なぜか。

これは単純に考えたほうがわかりやすい。

高いところから落ちたときと低いところから落ちたとき、どちらがダメージが大きいか。

いうまでもなく、高いところだ。

これをFXで考えると、値が上がってきたところでトレンドだ!と喜び勇んでエントリー、そこから急落してサポート割って損切りした場合と、十分値が下がっ
てサポートに達し、底と思ったところでエントリー、さらに下がったので損切りした場合、どちらが損失が大きいか、となる。



いうまでもなくトレンドに飛び乗ってしまったほうだ。

高い位置から落ちるとそれだけ損失は大きい。もちろん売りエントリーで値が上がった場合も同じこと。

生き残る、を前提とするならサポートに近づいた所でエントリーするほうが損切りは小さくて済む。



単純な話だが、コツコツドカーンを避けるなら、押し目狙いでサポート割ったら即損切り、が理にかなっているということになるような気がする。



もちろん、損切りを確実にできる、という前提が必要なのはいうまでもない。
タグ:FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。