FXの手数料は本当に安いのか?


FXはほとんどの証券会社で手数料が無料になっている。
FXで手数料がかからないなら何がFX取引のコストなのか。
手数料などのコストを考えるのは投資ではとても大事。
特にFXのようにレバレッジをかけて短期間で、という商品ならなおさらだ。FXでは手数料の代わりにスプレッドという、売りと買いの差額がある。

手数料ではないが取引のたびに発生する立派なコストであり、これがFXで発生するコストということになる。

スプレッド1銭、というとかなりの低スプレッドだが、それでもドル円1単位として、10000通貨なら約90000円。

9000円に対し100円のコスト。

これを高いと見るか安いと見るか。



例えば株と比較してみる。

FXと違い、株では明確に手数料として規定されている。

1取引、9000円ならほとんど最低レベルだろう。

それでも200円くらいはかかる。それも買うとき、売るとき両方だ。

対してFXは100円。400円と100円、この差は大きい。

しかし、単位が大きくなればどうだろう?

仮に10万円とすると、FXでは1000円。

株では400円で変わらずのところがほとんどだ。



このように、FXなら手数料が安い!と一概に言い切るのは誤りだ。

FXのメリットは手数料ではないことは忘れてはならない。

むしろ、種が大きければ大きいほど、レバレッジをかければかけるほど高くなることを忘れずにいるべきだろう。

FXの手数料の安さは小額の時に意味がある。
タグ:FX 手数料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137275905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。