FXメモ:FXシステムトレードとは?


FXをやっていると必ず目に入ってくるのがシステムトレードとか自動売買という言葉。
FXシステムトレードと一口に言っても人によって定義が違うようですが、全体としてはMetaTrader4やExcel、独自ツールを問わず、システムによってエントリーポイントを決めるというのがFXシステムトレードといって良さそうです。FXシステムトレードでは勝てそうな取引ルールを考え、その取引ルールをシステム化し、過去データでバックテストを行い、検証結果が良ければそのルールに従って実際に取引を行うこととなります。
取引そのものは手動でも自動でもシステムトレードでいいということです。

特にサラリーマントレーダーなど、副業でやっているとサインが出てもエントリーできないことも多いので自動でエントリーできる仕組みが欲しくなりますが、自動売買のためにはFX証券会社側で使用ツールでの自動売買に対応している必要があります。
自動売買に対応しているFX証券会社はそれほど多くなく、またスプレッドなどが不利だったりすることがあるので、実際にはルール設定したツールを開いておいて、サインが出たら使用している証券会社の取引画面からエントリーする、ということになります。

なお、自動売買するならば「MetaTrader4」等のツールを使う必要が出てきますが、取引ルールの検証であればExcelでも可能です。
Excelで過去データを取り込み、取引ルールを検討し、デモ口座や低レバレッジでの取引で実際に試してみることになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117590786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。