FXチャート:トレンドライン


FXで売買する際にチャート上でチェックポイントを線で結んだのがトレンドライン。
トレンドラインはチャート上でどのように使うのか?FXチャート上のポイントとなる高値、安値をそれぞれ直線で結んで引いた線をトレンドラインといいます。
高値を結んだものが上値抵抗線、安値が下値抵抗線となります。
抵抗線はその名のとおり、価格がその上/下に抜ける障害となります。
抵抗線を抜けたときはトレンド転換となることが多いため、逆方向のポジションをもっているのであれば手仕舞いを、順方向ならさらなる利益得るべくポジションを積み増すなどを考えるべきポイントになります。

もちろん、エントリーの際に抵抗線は利確・損切りを考え、エントリーするかどうかを決める上で注意すべきポイントといえるでしょう。

例えば、上値抵抗線で跳ね返されることを前提に利確を抵抗線のちょっと下に、下値抵抗線を突き抜けたところに損切りとしてOCO注文を入れておいたりします。
抵抗線を突き抜けたところでトレンド転換が確認できたものとして、エントリーすることもあります。

また、上値抵抗線と下値抵抗線までの価格幅の中で今の価格で見込める利益は発生しうる損失より多いのか(見込める利益の方が多くなければエントリーしない)、などを考えることが安定してFXで儲けていくために必要なことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117030564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。